あなたに笑顔を

3つの数字から新たな一歩を踏み出すためのカウンセリングをします

別居中の旦那さんと日帰り旅行へ行ってきました。

f:id:Akemi83:20190819003430j:plain

この間のお盆休みに別居中の旦那さんと

河口湖へ日帰り旅行に行ってきました。

旦那さんと遠出をしたのは

ほんと約二年ぶりくらいです。。。

 

半年前くらいから気が付いたら

別居生活になっていました。

 

向こうからリアクションが無いことはもちろん、

私からもなぜか怖さがあったので無理に

会いましょうと伝えることができませんでした。

 

その間、相手のラインの未読無視、既読無視などあり

返事は期待しない、既読になった事を喜ぶという

時期が長かったです。

 

私からのリアクションはラインを

私の気分がいい時や数秘学的に

行動を起こすには良い日を選んで

軽く、明るくを心掛けて

仕事応援しています。

とか

会社にとってはなくてはならない人だね。

とか

仕事がんばれ!

にフォーカスをしてラインをしていました。

 

電話しないの?

と思われたかもしれませんが、

私はもともとラインでのやり取りが多かったので

電話はハードルが高くてできませんでした。

 

そんな中、根本お師匠様のお弟子さん

や数秘学の勉強が忙しくなって

自分のお世話で精一杯

今は一人暮らしで良かったよ!!

とちょっと思える様になったころ

偶然旦那さんに道でばったり会ったのです。

 

7月ごろでした。

思っていたよりも普通に話が

出来たとおもいました。

実は前日にラインで

すれ違いがあり変な感じになったので

どのように自分の思ったことを

伝えたらいいか悩んでいた所でした。

 

次の日にタイミングよく会えて

私の考えとごめんねと直接

伝えることが出来たのです。

 

開口一番「昨日はごめんね」と先に伝えてきたのは

彼でしたが(笑)

半年ぶりの会話がごめんね。

いや昨日だけじゃなくてずっとごめんだろー(-_-;)(心の声)

 

ちょうどそのころはお盆休みの計画を立て始める時期でしたので

私は付き合っていたに頃いった花火大火に行きませんか?

とお誘いをして今回の日帰り旅行になったのです。

 

誘った花火は台風の為中止になりましたが、

「どこか行きたいところはある?」と聞いてもらい

一緒に出掛けることが出来たので無問題(モウマンタイ)です。

 

今回のテーマは

・我慢しない

・無理しない

・旦那さんにお任せする

を掲げて、旦那さんの運転で車に乗り出発です。

あの車に乗るのも久しぶりでしたよ。

 

でも旦那さんしゃべらない!

ぜんぜん話さない!

 

困ったわー。

気―使うわー

と思いながら無理しない程度に

車から見えた景色についてとかを

話かけていました。

 

高速は渋滞も少なく済んだのですが、

出口あたりから渋滞が始まり進みが

悪くなっていきます。

 

目的地の駐車場にはいるのも渋滞で

旦那さんは渋滞が嫌いだと知っていたので

「あきらめて他のところ行く?」

と聞いてのですが、

「ここまで来てそんな選択ないでしょ」

との返答。

 

目的の鍾乳洞に入るまでも長蛇の列!!

山なので多少涼しく感じるものの

私でもうんざりしてきているので

旦那さんのイライラモードを勝手に

心配しそうになりましたが、

「でも本人が行くって言ったしな」

と思って余計な心配やイライラモードは

引き受けないように

「私は私、彼は彼」

と境界線を引いていました

このアファメーション、自分が

必要以上のものを背負いそうな時

とても便利な言葉ですね!(^^)!

 

おかげで私も旦那さんがイライラしたらどうしようと

心配せずににいられました。

 

やっと目的の鍾乳洞に入れる順番になり中へ!

入口付近からひや~と冷気が漂います。

 

中の天井は低いのでヘルメットをかぶって

探検気分です。

f:id:Akemi83:20190819003534j:plain

こんな感じです。

鍾乳洞の説明はこちらのサイトが詳しいので

どうぞ

 

見学が終わったらもう一つの鍾乳洞へ

行くため樹海を通って歩きます。

車でも行けたのですが、せっかくだから歩こうよ

と誘ったのです。

 

前日の台風で足場は悪いですが、

森の中を歩くのはとても気持ちが良かったです。

特に会話もないですが、旦那さんも

「気持ちいいね」

と言ってくれたのできっと歩いてよかったのでしょう!!

 

f:id:Akemi83:20190821225427j:plain

樹海の写真

 

ただ・・・

次の目的地まで徒歩20分と書いてあったのに

全然つかない。

 

後ろで歩いている家族連れの子供が

「まだつかないのー?」

と聞いている声が聞こえます。

 

私も「なかなかつかないね」と

話ながら歩いていきます。

思ったより全然遠いのですけど・・・

ほんとに次の鍾乳洞につくのだろうか?

と思ったころ

やっと目的地に。

 

あーやっと着いたと思ったら

目に飛び込んできた看板にこんな文字が。

 

氷穴までの距離

樹海歩道30分

国道15分

 

・・・(◎_◎;)!!

 

「ぜんぜん時間違うやん!!」

と旦那さんから突っ込みを頂き、

「ほんとだねー。

 あはははー。

 帰りは国道から帰ろう」

と乾いた笑いをしながら

帰りはたくさん歩かなくていいと

ホッとしたのでした。

 

そこがこちら☆

さっきの鍾乳洞とはうって変わって

並ぶことなく中へ入ることが出来ました。

さっきの人込みは何だったんだろうね?

という感じです。

きっと先ほどの方がインターから近かったので

みんなそちらに集中したのでしょう。

名前も氷穴で涼しそうだし。

 

涼しいのはどちらも一緒でしたが、

風穴の方が鍾乳洞の歩ける距離が長かったので

旦那さんはこちらのがゆっくり見れて好みの様でした。

 

で、ゆっくり見れてよかったねと話しながら

国道から駐車場へ行くことに。

 

「なんか石垣島みたいだね」

と数年前に一緒に行った石垣島の事を

急に言われ田舎の道は草木が自由に生い茂っているので

どこも一緒の様思っていたので

「そうだねー」

と返事をしてしまいましたが、

今思えば旅行楽しかったねとか

もう一度行きたいねとか

言い方あったなと思ったので

これは次回の課題ですね( ゚Д゚)

 

あっとゆうまに駐車場について、

リクエストしていた温泉へ行くことに。

行きたい温泉は遠かったので

近くの温泉施設へ行きました。

 

雪化粧のない富士山を見ながら

お湯につかりさっぱりして

高速で帰途に。

 

7時を過ぎても夜ご飯の話が出ないので

「ご飯はどうするの?」

と話を振ると

地元に戻ってから食べるという

お酒が飲みたいだろうからそんな気はしていたけど

言ってくれればいいのにねと思いましたが、

やっぱり帰りも私はグーグー寝ながら到着。

 

「何が食べたい?」

と聞かれたので遠慮なく

「焼肉!」

といいましたよ(-ω-)/

 

朝の雰囲気とはうって変わって

世間話とか会社の話とかできて

美味しく食事が出来ました。

 

琵琶湖の方に行きたいとか

静岡の掛川花鳥園が楽しかったと話したら

「面白そうだね」

と言ってもらったので次につなげれそうです。

 

ご飯も食べたし、お別れして帰宅。

 

そして次の日

久しぶりに一緒に出掛けられてよかったし、

楽しかったのですが、

次の日なんか気持ちがウキウキしない

のです。

 

連れて行ってくれてありがとうの

ラインもする気にならない。

なんでだろう?

 

と、考えていると今回は

・我慢しない

・無理しない

をテーマにしていても

久しぶりだし、結構気を使って

緊張したんだなぁと思い当たりました。

 

久しぶりにあうからとても楽しかった!

とならなければいけないのかなぁと

思い込みそうになりましたが、

楽しかったけど

気も使ったな

というのが今回の感想。

良いところばかりを思いこまずに

残念だったなという気持ちも

認めてあげると自分が楽になるような気がします。

 

イケイケGO!GO!の人は

ひたすらポジティブシンキングが

やっぱり一番大事ですので

そのままで大丈夫です。

 

 残念だったなというところは

今回は久しぶりだし

次回はもう少し距離が縮まるといいなぁ

と楽しみにしているのが今の私の気持の

落としどころです。

 

なにはともあれ久しぶりに出かけられて

良かった良かった!!

です(*ノωノ)