たまには人生 風まかせ

自分のことがわからなくなった方へ 数秘・心理カウンセラーが3つの数字で人生の迷子から脱出のお手伝いをします

ナンバーインスピレーションカード:願いを叶える3枚引き

f:id:Akemi83:20210318163948j:plain


こんにちは!

数秘学カウンセラーの戸田朱美です。


今日は名古屋池下にある「レクランドユミコ」さんに来ています。

土日しか来れなかった時は行列であろうお店ですが、平日に来たので混雑知らずです。

クレープを食べました。

美味しかったです。

f:id:Akemi83:20210318164134j:plain


こんな時、会社を辞めた実感が湧くような気がします。


さて、昨年末から誕生数秘学協会の講師であるまつむらさゆり先生の叶える講座に参加してきました。


私たちは普段約3%の顕在意識を使って生きています。

残りの97%の潜在意識はまだ使われておらず、眠っていると言われています。


私がお伝えしている数秘学では、じゃあ残りの97%が約1%でも使えるようになったら、今よりもっと可能性が広がりませんか?


潜在意識に眠っている才能の種を数字のキーワードから呼び起こして行きましょう!と言うことをカウンセリングではお話しています。


と、言っても顕在意識と潜在意識って何を意識して、どう使って行ったらいいのかって私はさっぱりわかりませんでした(・・?)


叶える講座では顕在意識と潜在意識の扱い方をトライ&エラーで実践的に活用していく3ヶ月でした。


私の場合、潜在意識を虐げていたので、問いかけてもさっぱりで、イメージでいうと顕在意識と潜在意識がまったりの熟年夫婦の様にお互い会話していない感じです。


そこからまた、

「母さん、何処か行きたいところないか?」

とか

「お父さん、今日のご飯は何食べたい?」

など、会話をしていく必要があるのです。


心理学を勉強している方でいうと、インナーチャイルドのようなもので、自分の中にいる子供を「喜ばせてあげよう」、「やりたい事をやらせてあげよう」という形になると思います。


この、「喜ばせてあげよう」だと、お風呂に入ろうとか、美味しいご飯をたべたいとか、気持ちのいいカフェでお茶したいなどがあるのですが、もう一つの「やりたい事をやらせてあげよう」だとただ、させてあげるだけでなく、もう一段階自分と会話する必要があります。


例えば、旅行へいく事をさせてあげるとすると、沖縄や海の綺麗な所へ行きたいとおもうとします。

ではそこでどんな事をしたいのか?

浜辺でビーチパラソルの下でラグジュアリーに過ごしたいのか?

ボートに乗って離島を探検したいのか?

と選択肢が広がります。

その辺をどうしたいの?

何をしたいの?と

潜在意識をツンツンと刺激する必要があるのです。


そうして自分と対話していく事で顕在意識と潜在意識がつながっていくのです。


そんな意識を一人で内観出来れば良いのですが、自分とプッツンと途切れていると中々難しいものです。


そんな意識を見える化して、自分との対話の手助けをしてくれる便利なアイテムがナンバーインスピレーションカードなのです。


おお⁉︎長くなってしまいました。

このカードの引き方で願いを叶える3枚引きという魔法使いになった気分になれるカードの引き方がありますので次回のブログでご紹介したいと思います。


何かご相談などございましたら、下記のフォームまでご連絡くださいね

https://ws.formzu.net/fgen/S87658811/